このたび、横浜駅B2階(THE ROYAL CAFE隣り)「THE ROYAL SHOP YOKOHAMA」で伊豆の名産品を販売開始いたしました。
創業明治十五年、伝統製法「手火山式焙乾製法」により鰹節を造り続けている西伊豆田子のカネサ鰹節商店の商品を販売いたします。

<営業時間>
〔月 ~ 金〕10:00〜20:00
〔土・日・祝〕10:00〜20:00

<商品例>
カネサ鰹節商店
・伊豆田子節商品(鰹節、だし醤油、だしパック等)
・潮かつお商品(切り身、焼き身等)         各種600円より

今後も伊豆下田の名産品を中心にこだわりの逸品を取りそろえてまいります。
横浜へお越しの際は、ぜひお立ち寄りください。

 

 

〔ご紹介〕
「カネサ鰹節商店」
創業明治十五年、老舗の”鰹節・塩かつお”の製造元。
全国でも数件しか残っていない伝統製法「手火山式焙乾製法」を受け継ぎ、手間暇をかけて鰹節を製造しています。

「手火山式焙乾製法」
深さ2m程の竪穴を石枠で囲った”火山炉”と呼ばれる焙乾炉を使用した鰹節の伝統製法。
”セイロ”と呼ばれる竹の底敷きを付けた木枠に鰹を並べ、直火で燻します。100℃以上の高温から弱火へと巧みな職人技で火力を変化させながら燻すことで、瞬時に鰹節の旨味を閉じ込めるとともに燻し臭さが鰹節の中に入りにくくなるため、鰹節を最も美味しくする焙乾製法とも言われています。

「潮かつお」
1000年以上の歴史を持つ、鰹を塩漬けにした保存食。
江戸時代には”おかず番付”の上位にランクインするほど人気の逸品。”潮かつお”を焼いてお湯で溶いたものが”鰹だし”の始まり(ルーツ)と言われています。今では、日本で唯一西伊豆地区でのみ生産されています。